ヒアルロン酸と皮脂の分泌量

「急に表皮がガクッとのぼる」「メーク水でうるおしても、浸透している風情が断ち切る」「表皮がごわつく」「メーク雰囲気が悪くなった」 40年をすぎたところから、こんな表皮改革を感じることがあれば「表皮の更年期」 かもしれません。これは、季節や状況などによる、今までの表皮改革はまったく違う産物。年齢による表皮の改革には「奥様ホルモン」が激しく関わるといわれています。 奥様ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)ってプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンがあります。生理のローテーションをつくるのと同時に、奥様の美しさや奥様らしさを担う大切なホルモンだ。 エストロゲンは、生理後から排卵までに数多く分泌されるホルモン。表皮においては、真皮部類のコラーゲンやヒアルロン酸のプロダクトを促し、みずみずしいハリのある表皮に関与します。排卵後から次の月経前までに数多く分泌されるのはプロゲステロン。適度な皮脂の分泌を促進し、表皮をカサカサから貫き通します。

http://www.juniorwrestling2011.com/

 奥様ホルモンの分泌音量は、卵巣メカニズムが活発な20代を真っ盛りに徐々に減額。そうして、更年期を迎える45年ごろか急激に減少し、表皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、皮脂の分泌音量も減少していくのです。 若い弾性表皮に備わる皮脂ってヒアルロン酸 ヒアルロン酸って皮脂音量の落ち込み 美しい肌の条件のひとつは、うるおいという快調さ、弾性に満ちておることです。真皮部類のヒアルロン酸は、こんな美しい肌をつくるための土台となる産物。ハリ線維ですコラーゲンとエラスチンがベッドのバネのように素肌を支え、その間を保湿元ですヒアルロン酸が満たす結果、弾性ってうるおいが保たれます。 また、適度な皮脂は汗って混じり合い、天然のクリームとなって表皮を養生。カサカサやチリ・ホコリ、UVなどの外的刺激から表皮を続ける「障壁メカニズム」を担います。 逆に、ヒアルロン酸や皮脂が減少した表皮は、弾性がなくカサカサしやすい様態。カサカサにより、新陳代謝(表皮の生まれ変わり)のローテーションも遅れがちになります。そのため、余分な角質が分厚く積み重なり、表皮のゴワ付きやくすみなどを自覚するように。メーク水も浸透しづらくなるため、一段とカサカサがすすむ手詰まりにも陥ります。 このように、表皮の深部から弾性といううるおいを保つ「ヒアルロン酸」って、見た目を保護する「皮脂」は、表皮の更年期にとりまして重要なもののひとつなのです。急性表皮の改革に気づいたら、スキンケアの改修どきといえるでしょう。 ※先生による製造は、こういう余剰のみとなり、この部分のみポスターではありません。 また、他の余剰においても先生が伸び雑貨や特殊雑貨への保証やGET等々を推薦するものではありません。

0コメント

  • 1000 / 1000